化粧品用のシルクコラーゲンってあるの?

生コラーゲンを実感、ニッピのお試しナノアルファ【ほうれい線に効果的!?】

化粧品用のシルクコラーゲンってあるの?

シルクから抽出したコラーゲン配合の化粧品はあるのでしょうか?

 

シルクも動物性というか昆虫が製造する繊維ですので、その中にコラーゲンが含まれていてもまったく不思議はありませんよね。

 

シルクといえば、あの光沢です。だからコラーゲンなどと同じ機能が備わる成分があり、抽出されて化粧品にシルクコラーゲンとして配合されているものがあるかを調べてみました。

 

従来のシルク化粧品の原料はシルクパウダーやシルクエキス、セリシンパウダーといったものがメジャーなシルク成分でした。
ただ、パウダーなどはよかったのですが、それを水分にして化粧水などにしてしまうと腐敗するという欠点があったそうです。

 

それを克服して、腐敗しないシルクコラーゲンパウダーを化粧品に配合したところがあります。「ラヴィドール化粧品-日本で唯一の国内産繭(まゆ)を使用したシルクコラーゲンの化粧品でした。

 

化粧品としてシルクコラーゲンの原料を使用するとき、やはり医薬レベルの精密さで処理したシルクパウダーを有効成分が入った液状にして化粧品にする必要がありますが、その高い技術力を使って開発された「ラヴィドール」は、基礎化粧品とヘアケア製品と両方あります。あなたもシルクの力を実感してみてください。

 

もう一つが、上智製薬のシルク化粧品です。コラーゲンの大きな粒子はそのままでは肌から浸透しないって事、ご存知でしたか?

 

なぜ肌から浸透しないのか、それはコラーゲンという粒子そのものの分子が大きいからです。これをペプチドとしてコラーゲンペプチド配合のコラーゲン化粧品がメジャーとなってきました。

 

ナノ化=最小化も普通に行われるようになってきました。

 

上智製薬はもう一歩上をいって、シルクオリゴマーと呼ばれる低分子のシルク抽出液でコラーゲン成分が、お肌の奥深くまで浸透し、肌内部の保水力を高め、ハリのあるお肌へと導くように化粧品を開発しました。

 

低分子のシルク抽出液が紫外線を吸収し、シミ、クスミの原因となるメラニンの生成を抑えることで、お肌に透明感のあるみずみずしさを与えます。
しかも、このシルク化粧品は防腐剤、合成化学物質を一切使用しておりません。

 

敏感肌の方でも安心して使えるそうなのです。100ml・8,949円(税込)と少し高めですが、コラーゲンが最小化され、しかもそれがシルクから抽出された液体がほとんどだと思えば、納得のいく価格かもしれません。

 

シルクにはたんぱく質を分解したらできるアミノ酸も配合されていますので、コラーゲン、シルク成分、アミノ酸と皮膚が必要としている成分が浸透しやすいように医薬レベルで最小化されているものです。

 

だから上智製薬という会社が開発して販売も手掛けているのですね。あまり耳にしない会社だけれども、医薬と聞くと、なんとなく安心して使えると思いませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

ホーム RSS購読 サイトマップ
メニュー

先頭へ戻る